ケアマネージャー求人を探す|失敗しないように探すには

ケアマネージャーの仕事もなかなか大変で、働く場所によって心身ともにキツさや待遇など全然違ったりします。
働き出してから違ったと思ってもすぐに転職というのもなかなか難しいことですし、やはり求人探しからしっかりしないといけないと思います。
ですから求人探しからしっかり考えることが大事ではないでしょうか。
そこで求人の探し方やおすすめの求人サイトを紹介したいと思います。

求人紹介サービスを利用する

求人紹介サービスをご存知でしょうか。
専任のコンサルタントがあなたの希望などを聞いて求人を紹介してくれ、転職のサポートしてくれます。
そして、非公開求人なども紹介してくれたりします。
介護専門の転職支援サービスですね。
やはり優良求人も多いですし、一般には出てこない非公開求人を紹介してくれるというのもポイントですね。
就職・転職をスムーズに進めるためには良いと思います。
求人サイトや求人紹介サービスをうまく利用しながら良い求人を見つけていくというのが良いのではないでしょうか。

ケアマネージャー求人を探すならここ

介護求人ナビ ベネッセの介護士お仕事サポート

介護求人ナビはケアマネジャーなど福祉介護関連の求人を扱っているサイトです。
なんといっても掲載求人数の多さとコンテンツや機能もほうふというところで福祉・介護で求人を探している方には外せないサイトではないでしょうか。
転職の役に立つコンテンツにスカウト機能など役に立つと思いますので一度利用してみてはどうでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒介護求人ナビ

ベネッセの介護士お仕事サポートは介護職の求人紹介サービスです。
ですので条件にこだわりがある方や転職などに不安という方、どこが良いのかわからないという方などは利用してみてはどうでしょうか。
知名度のある大手の企業ベネッセグループというのもポイントではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒ケアマネージャーのお仕事なら【ベネッセMCM】

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、介護保険のサービスを組み合わせ、その介護を必要とする人が自立した生活ができるようにサポートします。
そのためには、介護を必要とする人や家族と信頼関係を築く必要があります。この人は何を必要とし、何に困っているのかという気持ちをくみ取る力が必要となります。
たくさんの福祉サービスを計画的に利用するために、ケアプランを立てます。
そして、月に何回か訪問し、介護を必要とする人の様子を詳細に把握する必要があります。
やはり、お年寄りの人たちは急に、体の調子がわるくなったりして、新たな介護サービスを必要とする場合があるからです。
介護を必要とする人だけでなく、その家族に対してもサポートをしなければなりません。
介護をしている家族は、とても疲れていて大変です。
その家族の相談に親身になってのってあげて、極力介護の負担を軽減させてあげます。
要するにケアマネージャーは、介護を必要とする人たちと介護サービスの橋渡しをするような仕事です。
介護サービスもたくさんありますので、常に勉強が必要です。
日本では今後も高齢化が進み、介護を利用する人が増えますので、ケアーマネージャーの役割は大きく今後も活躍の場が多いと思います。

ケアマネジャーの将来性

介護を必要とするお年寄りと介護保険サービスをつなぐ役割の職種を介護支援専門員と言い、ケアマネジャーと呼ばれています。このケアマネージャーはお年寄りやその家族の介護相談、ケアプランの作成、要介護認定の書類作成代行を主な仕事としています。
さまざまな介護サービスがある中で、どんなサービスがその人に必要なのかを利用者を尊重しながら事業所を決めて連絡・調整を行うことが主な内容です。そのほかにも介護保険の給付請求、新規利用者の獲得も行い、お年寄りが安心して介護サービスを受けられるための提供を行っています。
このケアマネージャーは資格試験を取得した後に介護支援専門員実務研修を修了する必要があり、それから業務に就くことが出来ます。
超高齢化社会に向けてケアマネージャー求人はさらに需要が高まる職種です。介護福祉士や看護師、ヘルパーの方が職務のステップアップとしてケアマネージャーを目指し、医療と福祉両方を併せ持つ方も増えています。現在は有資格者の数が増えているため、ケアマネージャーの資格以外にも他の人とは違いこんなことも出来るという自分の魅力やプラスαの資格を持っているなど、アピールポイントがあると強みになります。

ケアマネジャーの仕事が向いている人とは

ケアマネージャーは正式には「介護支援専門員」と言います。まず、ケアマネージャーの資格を取るためには、3年間介護の現場に従事し国家資格である介護福祉士を取得する必要があります、計5年間介護に従事した人だけが取得できる資格です。
細かい条件は省きますが、5年という月日の中で介護の現実を知り離職していく人も少なくありません。
それを乗り越えて取得したケアマネージャーの資格ですが、今まで従事してきた現場の仕事とは全く役割が変わります。
今までの高齢者や体が不自由な方の直接的な介護から、サービスを利用するためのノウハウの提供やプランの作成・情報の提供が主な仕事となり、介護を受ける方だけではなくその家族とのコミュニケーションも必要となります。
介護サービスを受ける人のすべてにかかわるといっても過言ではない責任のある立場になるので、精神的・体力的に充実していて常に新しい制度を把握し、精力的に活動できる人が向いているでしょう。
介護の世界は慢性的な人手不足の状態にあります、それはケアマネージャーも例外ではありません。しかし、人手不足であるからこそ、数あるケアマネージャー求人の中から、給与、勤務形態など自分に合った求人を見つけることが出来るでしょう。

 

更新履歴